会社経営者の相談相手になりうる理由

会社経営者の相談相手になりうる理由

会社経営者の相談相手になりうる理由

もし現在の日本の企業、特に中小企業の経営者達に、
社員以外で最も信頼出来る人物は誰か訪ねたら、
ほとんどの経営者たちは、顧問税理士だと答えるはずです。
将来、高津区 社会保険労務士になりた。

 

顧問税理士は、顧問となっている会社の毎年の確定申告を行うために、
会社のお金の流れ全部を把握する必要があります。
会社の事務は神奈川 会計事務所にお任せください。
その過程において、その企業の金や物、人材の流れ全てが分かってしまいます。

 

ですから、経営者達は顧問税理士と否応なしに信頼関係を結んでいくことになります。
初めての起業⇒高津区 会社設立に関する疑問はお任せください。
税理士は経営者以外で会社を俯瞰的に理解出来る社内外で唯一の人物になります。
そのため、社内の役員達にも話さないような重要な問題を、相談したり、
個人的な悩みについても打ち明けたりする傾向にあるようです。
神奈川 経営コンサルタントをお探しの方はこちら。

 

企業経営者は占い師にハマるという話を良く聞きますが、
これは常に自分一人で決断しなければ行けない立場のプレッシャーと孤独感故です。
税務の疑問はこちらから⇒高津区 税理士に相談しよう。
ですから、自分以外で会社を俯瞰的に理解している税理士をどうしても頼るようになっていきます。
また、税理士は守秘義務があるので、それも頼りやすい原因になっているようです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ